カンパン しみ

カンパンしみはどうすれば治る?

カンパンしみはしみの中でも女性ホルモンの影響が高い症状です。

つまりはストレスや妊娠中、更年期になれば発生しやすくなるということですね。

 

治す方法は複数ありますが、どれもメリットとデメリットがあります。

 

カンパンしみを自然に治す

妊娠中に出来たカンパンしみは黄体ホルモンの影響が高いため、
出産後に治る可能性があります。

 

また、更年期にできるカンパンしみは閉経後に治るケースが多いです。

 

ただし、確実に治る確証はなく、カンパンしみ自体が紫外線の影響を受けやすいため、
放置すれば老人性色素斑に発展することも。

 

カンパンしみを服用薬で治す

皮膚科でもらう薬では、ビタミンC錠剤、トラネキサム酸錠剤が多いです。
ビタミンCは美肌効果があるため服用を続ければ時間はかかりますが肌トラブルを改善できるでしょう。

 

トラネキサム酸は血栓効果があるため副作用のおそれもありますが
カンパン治療にはよく使われています。いずれも服用をやめると再発する可能性があります。

 

カンパンしみをレーザーで治す

皮膚科での施術です。1番即効性がありますが、1番お金のかかる方法でもあります。
より確実性を高めるには10万円は見たほうがいいです。

 

強制的に治す方法なので、肌の弱い方の副作用も否めません。

 

カンパンしみを化粧品で治す

ハイドロキノンやビタミンC誘導体などの美白効果のある化粧品でケアする方法です。
皮膚科でのレーザーほど高くはなく、服用薬ほど依存性もありません。

 

同時に紫外線対策にもなるため、しみ全般に効果が期待できますが、
保湿やニキビ用化粧品と比べると若干高額ではあります。

カンパンしみを安全に治すには

カンパンしみを安全に、かつ依存症なく治すには
体内と体外の両方からケアする方法がおすすめです。

 

体内のしみケア

体内からのケアは食生活の改善にあたります。

抗酸化成分でもあるビタミンA/C/Eを多く含むかぼちゃやブロッコリーなどがおすすめです。

 

どうしても多くは取れない場合は市販のビタミン剤を摂りましょう。

 

皮膚科と市販の錠剤はどちらが良い?

 

皮膚科で処方されるビタミン剤と市販のビタミン剤の違いはほぼありません。そのため、処方代を含まない市販のビタミン剤のほうが安く買えると言えます。

 

体外のしみケア

体外からのケアは美白化粧品の活用がそれにあたります。

ハイドロキノンやビタミンC誘導体などの美白成分を配合した化粧品に切り替え外側からしみを改善していきます。

 

紫外線の強い春頃から需要が増えてきますが、
1年を通して使用することでメラニンケアにもつながり
今以上のしみを作らせない効果もあります。

 

 

カンパンしみがケアできるハイドロキノン配合の人気化粧品とは?

シミ&くすみに特化した人気の美容液ランキングトップ

シミを改善する

美容液1位

シミを予防する

美容液1位

リソウリペアジェル

■リペアジェル


7%特濃ビタミンCの力でシミ×毛穴に即効アプローチ。オールインワン機能の無添加美容液。

【口コミ人気】クチコミ評価

ランキングへ≫

アスタリフトホワイトエッセンスインフィルト

■アスタリフトホワイト


保湿成分だけナノ化「効きやすい美白美容液」ビタミンC誘導体×アスタキサンチンのW抗酸化。

【口コミ人気】クチコミ評価

ランキングへ≫