安定型ハイドロキノン

安定型ハイドロキノンとは?

顔に浮き出たしみを薄く消してくれると言われるハイドロキノン、

しみに悩む女性には理想的な成分でもありますね。

 

ただ、その一方でハイドロキノンのデメリットもあります。
それは浸透性が低く、肌荒れを起こしやすいということです。

 

強すぎる効果には罠がある!?

 

しみ消しに即効性を求めて事件に発展した例があります。2013年カネボウのロドデノール白斑症がそれにあたります。メラニンはおろか、肌の本来の色まで漂白してしまい斑状に白い斑点が出来ました。

 

 

水溶性のハイドロキノンはそのまま肌につけても皮脂に弾かれてしまいます。
表面でとどまるだけでは効果は期待できないでしょう。

 

また、漂白成分とも言われるハイドロキノンはその強力さから肌が拒否反応を起こす場合もあります。

 

そんなデメリットを改善し、浸透率が高く肌荒れを起こしにくいよう改良されたものが安定型ハイドロキノンです。

安定型ハイドロキノンなら効果は絶大?

ハイドロキノンのデメリットを克服したかのように見える安定型ハイドロキノンですが、
改良の裏にはマイナス要因もあります。

 

それはハイドロキノンの効果です。浸透性と安全性を高めるためにハイドロキノンを
ナノカプセルに閉じ込めたものが安定型ハイドロキノンですが、

 

カプセル化することによって本来のメラニン還元機能が弱くなっているのです。

 

そのため、安定型ハイドロキノン配合コスメの口コミには
すぐの効果が現れないと言った不満もあるのが現実です。

 

では安定型ハイドロキノンにはしみを消す効果は無いのでしょうか?

 

安定型ハイドロキノンは見えない部分から効いていく

しみは濃いものよりも薄いもの(メラニン色素の少ない)から還元されていきます。その範囲は肌内部の隠れジミというシミ予備軍も含めたものをいいます。

 

つまり、使い始めは目に見えないしみに作用しているということです。
その結果、数年たっても新しいシミが出来ない肌が出来上がる仕組みです。

 

近年では皮膚科医によるプロの目線からさらに安定性と浸透力が改善された新安定型のハイドロキノンも開発されていますので、
こういった最先端のハイドロキノンも確認してみるといいでしょう。

 

皮膚科医開発のドクターズコスメ!新安定型ハイドロキノン配合の化粧品とは?

シミ&くすみに特化した人気の美容液ランキングトップ

シミを改善する

美容液1位

シミを予防する

美容液1位

リソウリペアジェル

■リペアジェル


7%特濃ビタミンCの力でシミ×毛穴に即効アプローチ。オールインワン機能の無添加美容液。

【口コミ人気】クチコミ評価

ランキングへ≫

アスタリフトホワイトエッセンスインフィルト

■アスタリフトホワイト


保湿成分だけナノ化「効きやすい美白美容液」ビタミンC誘導体×アスタキサンチンのW抗酸化。

【口コミ人気】クチコミ評価

ランキングへ≫